住宅

より良い家に住む|高級住宅に住むメリット

注文住宅か建売住宅か

夫婦

名古屋は大きな都市です。地域によって地価平均は変わりますが、名古屋市の中村区に一戸建てを持つというのは実は結構なステイタスになります。もちろん、名古屋には地価が安いところもあり、駅が近くにあったりと交通の便が良いところであれば不便に感じることはほとんどありません。そんな名古屋で一戸建てを持つ場合、一つの問題が浮かびます。それは、注文住宅にするべきか、それとも建売住宅にするべきかということです。
注文住宅にするメリットは、自分の理想の家にしやすいということです。土地の広さや法律といったルールの範囲内ならばある程度自由はきくので、理想の一戸建てにすることができます。それに対して建売住宅は注文住宅よりもリーズナブルに購入でき、工事によって家が完成するのを待つという必要もなく、事前に設備を知ることができるので一戸建てを選ぶ時に失敗することが少ないという点が挙げられます。また、注文住宅も建売住宅も、それぞれのリスクを無くすことができます。例えば、注文住宅の場合お値段の高さが少しお問題となりますが、全体的に材質を安い値段のものにすれば、建売住宅よりも安く済ませることができます。反対に、建売住宅は自分のイメージ通りの家が建てられないという点が問題ですが、そもそもそんなに思い描いている家に具体性がない場合、特に問題にはなりません。つまり、一戸建てとして住む場合、注文住宅も建売住宅も、十分に一戸建ての住まいとしての機能は果たしているということです。